人気ブログランキング |

エコまど スタッフブログ

ecomado1.exblog.jp
ブログトップ

太陽を追いかける太陽光発電!!

今日はクリスマスイブですね。
エコまどがあるジャスコ内においても、お客様で大変賑わっていましたよ♪♪
さらに、宍粟市では夕方から雪の予報で、“ホワイトクリスマス”になるかもしれません\(●^o^●)/

そんな、今日はクリスマスとは全く関係ありませんが、気になる記事を目にしましたのでご紹介します☆

テーマ「太陽を追いかける太陽光発電」です。
この時期、太陽光発電を検討される機会が少なくなります。
その大きな原因が、日照時間です。
夏場は、「節電!節電!」と騒がれていたり、猛暑の日が続いて、太陽の存在が大きくアピールされ、太陽光発電に関心が向きやすい環境ですが、まさに今は真逆です!
先日冬至を迎えたばかりで、日も短く、太陽光発電のイメージが沸き難い時期というわけなのです。

では、なぜ今太陽光発電をこのブログで取り上げるのか?
それこそが、今回の「太陽を追いかける太陽光発電」の意味するものなのです!
この太陽光発電は、太陽を自動で追尾し、さらに熱回収を行なうものです。
仕組みは、太陽電池のセルが六角形の筒状になっており、その周りを反射鏡で囲み、この反射鏡が太陽の向きに合わせて動いて、太陽光をセルに集めるというものです。
つまり、今の季節のような太陽が低い位置にあっても、太陽を追いかけ発電するので、冬のデメリットを解消することができるというものなのです。
この開発をした、東京大学のベンチャー企業(スマートインターナショナル)のHPによると、利用効率が25%アップするということでした!

設置面積は158cm×81.2cmと従来の住宅用の太陽光パネル1枚分と比べると約10倍の面積の為、一見大きすぎる気がしましたが、面積の半分以上が反射鏡で、セル自体は小さくてさらに、住宅用パネルの約3倍の出力で、宍粟市のような農地が多い地帯では向いているのでは?と思いました。
by ecomado1 | 2012-12-24 15:05 | 太陽光